競馬必勝の基本

競馬予想会社の真相

0390b5ea33ff59252d3f2d4a77d7aabe_s

競馬予想会社とは
これから競馬を始めようという方、また最近なかなか勝てないなあと感じている方へ、競馬を勝てるコツについて書いています。

競馬における現実として、利益を上げる人間はごくわずかで、ほとんどの人がマイナスになるのがこの競馬というゲームです。一攫千金、だからこそギャンブルなのです。しかし競馬でも利益を出す方法というものは存在します。

まず競馬は本命サイドの馬券ばかり買っていては当てるのは難しいと言えるでしょう。本命サイドの馬券は長期的な回収率が上がりにくいという特徴があります。つまり還元率の7割からスタートしたとして、1年で100%以上の回収をすることは困難であるということです。
ではどうすればいいのかというと、中穴・大穴馬券はこのオッズの歪み幅が大きいので、ポイントを抑えておけば回収率100%超えする可能性は十分にありえます。

そして馬券の構成は人気馬とあまり人気のない馬の組み合わせにすると良いでしょう。比較的この組み合わせだと回収率をアップでき、自分が狙うゾーンにピンポイントで賭けることで勝ちやすくなります。
さらに回収率を上げるためには主に三連複を使っていきましょう。三連複は1着・2着・3着になる馬の組み合わせを当てる馬券です。順位の完全一致まではしなくてよく、組み合わせが当たっていれば勝ちです。大きく幅を持たせることで当たる可能性が広がるメリットがあり、馬連・馬単や3連単よりも全然当たる確率が高いです。本命クラスが多数いるレースの場合は単勝よりもむしろ3連複を購入した方がいい場合もあります。
前述した単勝で本命と中・大穴の組み合わせで買うか、3連複で買うかはレースの状況等情報収集から判断して決めましょう。ここを使いこなせるようになるだけでも勝率を確実に上げることができます。

まだまだ詳しく分析すれば勝率を上げることはできますが、主に以上のようなことを意識することでより競馬を楽しむことができるでしょう。
それでも迷ってしまうような人は競馬予想会社を利用してみるのも一つの手かもしれません。競馬には昔から賭け師というものがおり、なぜそのニーズがあったかと言えば、情報と状況を判断して高確率な馬券をずばり言い当てることができるからです。正直以上のようなことを意識しても、経験とセンスでその勝率には幅が発生します。初心者の方がもし自信がなければ、長年競馬を見てきて莫大なデータを収集して予想している競馬予想会社に頼んでみるのも良い方法かもしれません。せっかくなので自分の判断で馬券を買ってみてほしいですが、競馬予想会社の馬券と両方組み合わせて買うことで勝率も間違いなく上がります。

競馬予想会社徹底リサーチ

競馬で勝つには

74a2ccd884e92a5d6fa6e2a4e39710e8_s

大穴、中穴を狙うなど利益を上げるコツや、人気の馬と人気の低い馬を組み合わせることで勝率をあげるなどの方法をご紹介してきました。
では、このコツを利用するために必要なものはなんでしょうか。
それは、たしかなデータです。
信用のできるデータを手に入れることができれば、勝率も上がっていきます。
たしかなデータを手に入れたいのであれば「競馬予想会社」に登録することを、おすすめします。
どの種類の馬券でどの馬を買うべきか、レースの内容はどのようになることが予想されるのか、出走する馬はどんなレースに強く逆に弱いのか。
競馬関係者の人たちへのインタビューがアップされていることもあり、何気なく話している内容の中にも勝敗に関わる言葉が隠れていたりするので注意深く読みましょう。
データを集めた分だけ、勝利に近づいていきます。
競馬予想会社では馬に関わるデータを配信してくれる以外にも、様々な情報をもたらしてくれるので勝負に挑む前には必ずチェックして分析を欠かさないようにしましょう。
競馬で勝率を上げるためには騎手についてのデータも必要になってきます。
競馬で走る馬たちは、誰よりも前を疾走したいという本能を持っているのでペースを配分することができません。
そんな競走馬たちのペースをコントロールする役目をになっているのが騎手たちです。騎手たちは今はペースを抑えて周りの馬が失速するのを待つ時なのか、それともスピードを上げて周りを引き離すべき時なのかを瞬時に見極めて馬に指示を出します。
騎手たちは自分の乗っている競走馬の性格だけでなく、周りの馬の性格やレース展開についても熟知しています。そのため、何時が勝負に出る時なのかも判断することができるのです。
速さだけでなくコーナーを曲がる時にも、騎手の実力が計られます。
コーナーでは内側が距離的に短くなり、順位争いをするのにも有利になります。
そのため内側のコーナー争いが勃発して、気を強く持てない騎手や競走馬は争いから離脱せざる負えなくなってしまうのです。
コーナー争いでぶつかり合いが生じて転倒してしまったり、体を痛めてしまうこともあるのでレース内で最も注意すべき場所とも言えるでしょう。コーナーを出てからスムーズに速さを上げていけるかどうか、この点もレースの勝敗を分けるポイントになりそうですね。
競馬予想会社では騎手のデータについても教えてくれるところもあるので、競走馬のデータに詳しい会社と騎手のデータに詳しい会社、複数の競馬予想会社に登録するのもおすすめです。
ここで競馬が生まれた経緯を少しご紹介したいと思います。
300年以上もの歴史を持つ競馬は、イギリスで産声をあげました。現在でも気高さをまとうスポーツとして、イギリスやアイルランドでは憧れの的になっています。
高級なドレスやアクセサリーを身に着けた美しい貴婦人たちが、上品に競走馬を応援しているという光景も珍しくはないようです。一種の社交の場として認識されています。
イギリスやアイルランドでは「走るのが早い馬を誕生させる」研究を300年間積み重ね、驚異のスピードを持つ競走馬の血統を生み出すことに力を入れています。
こうして競走馬同士の交配のよって生まれてくる仔馬たちですが、意外なことにすべての馬が活躍できるということでもないようなのです。
エリートの母親、エリートの父親から生まれたからと行ってもレースに向かない性格をしている場合もあります。
その一方で名が知られていない競走馬を親に持つ仔馬が、走るのに適した良い体つきをしており、強気で競争を勝ち抜くのに理想的な性格をしている場合もあります。
名の広く知れた競走馬が絶対に勝利するわけではないという点も、競馬のおもしろいポイントですね。思わぬダークホースが現れたということも、時折あるようです。
ここで、知っておくとより一層競馬ファンとして箔が付く「競馬用語」の基礎をご紹介します。
「馬主」という言葉はよく聞きますよね。
その名の通り、競走馬を所有している人物の総称です。競馬ファンなら憧れている方も多いのでは? 馬主になるには審査を通る必要があり、年収や資産なども質問されるようです。生き物である馬を所有するのには、お金がかかりますよね。
次は「調教師」です。
馬主から馬を預かり、競走馬として調教していく人物です。競走馬の健康・精神状態を管理してレースで最高の状態を出せるようにしていくのが仕事です。
次は競馬場の用語についてです。
「馬場状態」と書いて、ババジョウタイと読みます。
これはレースで使われるコースが、どれくらい水を含んでいるのかを表したものです。
予想しようとしている馬が得意としている馬場状態なのか、そうでないのかを見極める際に必要になってきます。
競馬ファンとして、知っておいてソンはない用語はまだまだあります。
競馬予想会社では用語についても詳しく解説してくれるので、読んでみてください。
欲しいデータを、欲しい分だけ得られる競馬予想会社に出会えるといいですね。